MIAUのぶつぶつ御飯日記


by mumbling-miau

さばのフライパン焼き

さばのフライパン焼、肉じゃが、えびとブロッコリーの炒め物、マカロニとレタスのサラダ、さつま揚げともやし炒め / 玄米半々ごはん、じゃがいもの切れ端(笑)・椎茸の軸(笑)・油揚げ・わかめのお味噌汁
f0130886_07711.jpg
お味噌汁の具のじゃがいもの切れ端というのは実は面取りした部分、しゃきしゃき感があって結構おいしかった。いつもは味が今ひとつの肉じゃが。今日は朝作ったので、食べる頃には味が落ち着いてそれなりに。「おかわり頂戴」がちょっと嬉しい。

今日、午後はボランティア、夜は合唱団の練習があるので、朝からバタバタ夕食の下準備。正午には家を出なければならないのでこっちは時間があまりないのに、相変わらず連れ合いはゆっくり仕事(読書?)。中々家を出てくれない。今日は掃除機もかけたかったのにな・・・。
夜は手間のかからないお刺身にする予定だったのだが、気付いたら、買い物に行く時間がなくなっていた。


午後のボランティア。
今期、教室のお手伝い(受付や、機材準備など)をするのは「マットピラティス」講座。準備などが終わった後は参加できるので、隅っこの方でやらせていただいた。

肩が少し内向きに少し丸まっているのは女性の身体の特徴だそうだ。なんだ、私は自分の姿勢が悪いんだと思っていた。
そういえば、以前、歌のレッスンで、いい姿勢をとろうと胸を張って立ったら、歌の先生に注意された。胸張っちゃだめ、そのままでいいの、と。
他にも骨盤の動きなど、歌の先生がおっしゃることとの共通点も多く、面白かった。
先生の所属しているスタジオには、シンクロなどの運動選手の他、歌い手も来ていると聞いて、なるほど、と思った。
ちなみに、「ピラティス」は人の名。ドイツ人で、看護士(男性)だった彼が、負傷兵のリハビリのために開発したメソッドだそうだ。本来は「ピラティス」が正式名称。「マット」とつけてるのは、名称の件でどこかで裁判があったとかなかったとか、何か事情があるらしい。

講座は毎週1回、期間6ヶ月。通常、担当者は期間中、ずっと参加するのだが、私は他の講座も掛け持ちしているので、この講座に参加できるのは月一度ほど。何もわからないうちに終わってしまいそうなのは残念。

今日はさわりだけだったので、そんなに身体を使っていないと思っていたが、恐るべしインナーマッスルの力(笑)。結構負荷はかかっていたようだ。
ボランティア先から、合唱団に直接行くというコースを予定していたが、どうしても家で一息つきたくなって、一旦帰宅。
どのみち、お刺身買いに行かなきゃいけないし。

家に着くと、無性に甘いものが食べたくなり、手当たりしだい口に。すると今度は眠くて、どろ~んと身体が動かない。買い物どころじゃない。
時間もあまりない。冷蔵庫の中のもので作れそうなモノを何種類か急いでメモ。
コーヒー2杯飲んで、何とか合唱団に足を運ぶ。


合唱の練習は、すっきりしないまま終わってしまった。原因はただひとつ。自分の予習不足だ。反省、反省・・・。
今練習しているのは、ヤナーチェクの「グラゴル・ミサ」。
聞く分には味のある曲なのだが、現代曲かつ東欧の曲ゆえ、言葉にも音の動きにも和声にも慣れていない。
一応、音取りテープは聞いたのだが、ちゃんと身体に入っていない。
来週までに何とかしないと。

練習後、急いで練習会場を出る。途中乗換駅で、今ドコソコ、何時頃食べられそう、と連れ合いにメール。この時間帯、彼の職場からは家まで40分以上かかる。彼が今メールを読めば、すぐに職場を出ても、私の方が30分ほど早く帰宅できる。よし、余裕だ。
駅に着いて、この時間でも空いているスーパーに飛び込むが、お刺身、売り切れ。一番早く焼けそうなサバだけ買って、小走りに家に帰る。

と・・・連れ合い、既に帰っていた。ひゃっ。確かに朝、大体何時には家に帰る、とは言ってあったものの・・・。
時計を見ると、食べられそう、とメールした時間まで、あと15分ちょい。
出かけに作成した料理品目メモを見ながら、短時間で作れそうなものをピックアップ。
バタバタバタバタ・・・あせって焼いたので、サバの皮がフライパンにこびりついたっ、はがさなきゃっ・・・としているうちに、えび焦げた。
結局お約束の時間には10分ほど遅れた。でも写真だけは撮った(笑)。


さて、私が夜外出して「何時頃帰る」という日に限って、その時間に帰ってくるのは何故?普段はもっと遅いくせに・・・。意地悪としか思えないのだけれど、当人にはその意識なし(たぶん)。単に私の帰宅時間が触媒になっているだけなのかなあ。
[PR]
by mumbling-miau | 2007-04-05 23:55