MIAUのぶつぶつ御飯日記


by mumbling-miau

もうかざめのソテー

もうかざめ(ネズミザメ)のソテー・野菜添え、ほうれん草のおひたし、マカロニサラダ、アスパラサラダ、さんまのお刺身 / 玄米入り御飯、しめじのとお豆腐のお味噌汁
f0130886_103534.jpg
ネットで検索したもうもうかざめは、クレイジーソルト+ガーリックパウダーをがしがしかけた後、オリーブオイルでマリネしてからソテー。お味の方は・・・不味くはないけど、積極的に食べたい!というわけでも、というところかな。いや料理の腕が悪いのか。チャンスがあったら、今度は煮てみよう。ちなみに味はカジキマグロに似た感じ。

都立高校公開講座「伝統文化を学ぼう」の4回目最終日。
今日は流礼(りゅうれい・略式の椅子のお茶会)の模擬お茶会。
おいしくお菓子とお薄を頂いた。最後にお濃茶のお試しも。

お濃茶は、一つのお茶碗に人数分のお茶をたて、回し飲みをする。
最後の人が飲んだ後はお茶碗は空にするのが礼儀。

先生のお話では、お濃茶の苦手な方は多いそうで、最後の人は大変なんだとか。
お茶の量はお薄の倍。かなりどろどろ。
みんな飲むふりをして、飲まない。最後には大量に残ってしまう。
ある方は、懐紙をどっさり使って、きれいにふき取られたそうだ。

さて、どろんとゲル状に練られたお茶を一口(正式には三口)。
うみゅ。なんとも言えない。
抹茶味のこんにゃくゼリーを舌の上に載せられた感じ。
確かにこれを三口飲めと言うのはきついかも・・・。
思ったよりは苦くはなかったけれど。

ところで、初心者のための、と銘打ってあった講座なのに、3分の1は経験者。
で、そういう人に限って教えたがり。
それぞれ流派が違うので、先生の流儀とも微妙に違う。
まずは先生の教えて下さった通りに覚えたいのに、耳元で違うことを言われて目を白黒。
船頭多すぎ。山に登っちゃう。
狭い日本そんなに流派があって何をする♪
まあ、初心者は、基本の心(礼儀)を忘れなければいいんだろうな。
[PR]
by mumbling-miau | 2007-08-22 23:27