MIAUのぶつぶつ御飯日記


by mumbling-miau

ひとりで残り物

f0130886_19331350.jpg


ボランティアへ。
午後の4時間、ワードとエクセルを使った年賀状講座の助手で立ちっぱなし。
しかも、人の話を全然聞かない生徒さんがいらして疲弊してしまった。
理解が遅いのはフォローできるからいいのだけど、講師の話はおろか、人の説明も全然聞いていない。
同じことを数回言って漸く次に進んで「頂ける」感じ。
他にも手間取る生徒さんが二人いらして、魔のトライアングル。
ふと顔を上げると、授業がどこまで進んでいるかわからなくなることが数度。
まこと、異次元体験だった。

帰りに家具店で小一時間過ごした後帰宅。
とりあえずお菓子で血糖値をあげて、明日用の食材を調理したり、だらだら過ごす。
さて、残り物を暖めて食べようかと思ったところに連れ合い帰宅。

ご機嫌で帰ってきた連れ合い。
でも、やっぱりお酒は飲むんだと。

食べて帰ってくるといったから、特に食べるものは用意してなかった。
が、「冷奴でも出しましょうか?」「うん」・・・に始まり・・・。

ひとつ食べ終わるごとに、あれくれ、これくれ、他にないの?・・・。
ちょっと。飲み屋じゃないんだから・・・。

それに、食べてきたんじゃないの?

本人の言い訳。
「高級?和食だったから量が少なかった」
・・・たとえ懐石といえ、そんなに少ないわけないぞ。

明日の夕食用に作ったおかずまで出す羽目に。
最初に言ってくれれば、おつまみセットでも用意するのに。
落ち着いて自分の食事もできやしない。

結局、全然休まらない私だった。
ほんと、共働きじゃなくて良かった・・・。
[PR]
by mumbling-miau | 2008-11-05 23:33