MIAUのぶつぶつ御飯日記


by mumbling-miau

<   2008年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

サーモンハラス

サーモンハラスきゃべつとエリンギ添え、切干大根、ごぼうのサラダ、わかめとゴマの炒め物、手羽元のさっぱり煮・煮 / 蕎麦


<備忘録>:鶏のさっぱり煮
[PR]
by mumbling-miau | 2008-05-31 20:41

ひとりで冷蔵庫の残り物

f0130886_22304013.jpg
朝からフル回転で夕食準備したら・・・夜「飲んで帰るから」って電話・・・。ま、いっか。今日作ったものは明日のご飯にしよう!

午後英会話、夜は歌とトーンチャイムの自主練習。

昨日調べたら、今日の夜、ボランティア先のピアノのあるお部屋が空いていた。
歌とピアノとチャイムの自主練が出来るなぁ~とは思ったが、ちょっと躊躇。
体調によって、朝決めようと思っていた。

が、昨晩合唱団に行ったら、トーンチャイムのメンバーのひとりが寄って来て、「チャイム、こないだ休んじゃったんですけど、どんな感じですか~?」。
お、そんなに不安なら、明日自主練する予定だけど、一緒にやる?
ってことで、ポンポンポンと、やることに決定。
なんか、背中を押してもらった感じ。良かった。
ここんとこ疲れ気味で、一人だと、くじけちゃいそうだったから。


朝練習室を予約。
ま~それからは、夕食の準備で大わらわ。
ぎりぎりまで鮭のうろこを落としてバタバタバタと外出。


歌は適当に、チャイムはしっかりと、ピアノは動かない指にげんなりしながら。
チャイムの練習は、やっぱり一人より二人。
チームプレーっていいなぁ、アンサンブルっていいなぁ。
[PR]
by mumbling-miau | 2008-05-30 23:37

サバ

サバもやし添え、肉じゃが、マカロニサラダ、きんぴらごぼう、胡瓜・茗荷・わかめの酢の物 / 蕎麦
f0130886_23223237.jpg


今日の一句。

掃除して~洗濯しながら料理して~夕に慌てて合唱団へ~

練習に出てから、帰って夕食作るのは、正直しんどい・・・。
何故か連れ合いまで早めに帰って来るんだもん。いつも。
ほ~んと、何故故?
[PR]
by mumbling-miau | 2008-05-29 23:59

ひとりで目玉焼きごはん

f0130886_22494392.jpg
先日BちゃんとI駅の売店で買って分け分けしたトマトを賽の目ソースにして♪


午後、歌のレッスン。

6月の本番用の曲を見てもらったのだが・・・う~ん。

細かく細かく細かく止めながら見ていただけるのは、とっても嬉しいのだが。
「耳元」で「ず~っと」一緒に歌ってくださるのも、とっても嬉しいのだが。

自分が何をしているのかわからなくなってしまう。
ストレスが溜まる。

ボイトレだけお願いして、曲はどこか練習室借りて自主練しかないかな~。

演奏会が近くなると、やっぱり木だけでなく、森も見ていただきたいのよね~・・・。
ってか、元々木どころか草しか生えていないのを、如何に演奏会で森に見せるかが大切なんですのよ。素人には。
歌いこみも必要だしね。


ここ1、2週は連れ合いは外食だらけ。
身体はちと心配だけど、私の方はほっと一息できる週だ。
やっぱり毎日献立考えるのって、しんどいんだわぁ・・・。
[PR]
by mumbling-miau | 2008-05-28 22:46

友人とファミレス

7月に行われる、合唱団主催のコンサート形式の発表会でデュエットすることになった。
今日は初の合わせ。
・・・というか、合わせにならなかった~っっっ。

原因は、すべて私にあります~!
練習不足なんです!
しかも、私、視唱がでけないんどす。楽譜が読めないんどす。
相方は、歌もピアノも初見がきく!すごい~。
・・・と何やら感動と反省で終わってしまった。

でも、大体の曲の感じはつかめたから、いいとしよう。
Yちゃん、ごめんね。今度ちゃんと練習しとく。

練習後、お茶でも、とファミレスへ。
今晩連れ合いが会食なので、どうしようかな~と迷いつつ、結局食事することに。
胃にやさしくてカロリーの高そうなメニューにした。
栄養とらなきゃ。

彼女とは同じ年。
なんとなく、で、20年のおつきあいなのだけど、ゆっくり話す機会がもてたのは、何と今回が初めて。
美人で知的で努力家。
天は2物3物、一箇所に集中させすぎでっせ。
そんな彼女から、一杯学ばせてもらおう。本当に楽しみだ。


(しかし、ヘンデルの二重唱、難しすぎ・・・)
[PR]
by mumbling-miau | 2008-05-27 22:51

かつおのたたき

かつおのたたき、春菊のおひたし、冷奴、塩辛、切り干し大根、山芋の梅和え / 蕎麦
f0130886_231248.jpg
連れ合いのリクエストでごわす。またカツオのたたき・・・。


普段は超の上にウルトラが付くくらい怠け者の私。
時折、急にスイッチが入る。
で、今日はフル回転。

きっかけは、台所の床。
一箇所の汚れが気になって、はいつくばってゴシゴシ擦ってる内に、あちこちの汚れが目に入ってしまった。
拭いている箇所がどんどん拡大して、最終的に全部屋掃除になっちゃった。
ついでに、大っ嫌いなアイロンがけから布団干しから大型洗濯物からひとからげ。
全身にみなぎる充実感!

・・・と、普通の主婦ならごく当たり前のことを、さも大ごとのように書き連ねている私。
親の時代のことを考えれば、尚更。
昔の洗濯は、昔のアイロンは、昔は掃除機なんて・・・・
まあ、言い出したらキリがない。

褒められて育つのは子供だけじゃない。
自分自身も褒めて育てなきゃ。
[PR]
by mumbling-miau | 2008-05-26 23:51

ほっけ

ほっけ、ひじきとちくわの煮物、エリンギとぶなシメジの浅漬け、塩辛、肉じゃが、海老とアボカドの水菜の巣篭もり / そうめん
f0130886_23532092.jpg

午後、来月のコンサート風味の発表会で演奏する、四重唱とトーンチャイムの練習。
SK街、相変わらず、活気のある若い人の街だなあ・・・。

練習後、メンバーの一人と喫茶店で午後ティー。
再来月、所属合唱団主催の似た様な発表会でコミック連弾をする。
彼女はその相手。
今日は初めての打ち合わせ。

楽譜を前にあれこれ・・・話すのは、何だか音楽に関係ないことばっかり。
そういや、彼女と二人きりでこんなにゆっくり話すのも初めてだ。
本番まで何回合わせられるかわからないけど、楽しいことが出来るといいな。
今でも素敵な彼女だけど、更に良い所、一杯見つけられるといいな。
[PR]
by mumbling-miau | 2008-05-25 23:53

ぶりあら

ぶり大根、ブロッコリと牛肉の炒め物、塩辛、エリンギとぶなシメジの浅漬け、油揚と野菜のお煮しめ、コールスローサラダ / 蕎麦
f0130886_23523169.jpg

Bちゃん夫妻とI街でデート♪
ゆっくり会うのは久しぶり。
積もる話もあるわけで。

積もった話を切り崩していたら時間を忘れてあらららら。
駅から歩いていける鬼子母神境内の市に行ったら・・・。
・・・終わってた。

帰り道、見ると必ず入ってしまう100円ショップで小さな観葉植物を。
I駅構内の売店でトマトを。
わざわざ家から遠いところで買わなくてもいいじゃないか、と思うのだけど、いや、ショッピングはタイミングも大事なわけで(苦しい言い訳)。

お別れするタイミングで、Bちゃんに鬼子母神の名物、おせんだんごを頂いた。
このさりげない気遣いがとてもうれしい。
[PR]
by mumbling-miau | 2008-05-24 23:59

かつおのたたき

カツオのたたき、キャベツの浅漬けサラダ、塩辛、肉じゃが、ひじきとちくわの煮物 / 蕎麦
f0130886_232948.jpg


掃除。
洗濯。
英会話。

以上。
[PR]
by mumbling-miau | 2008-05-23 22:32

外食:おすし屋さん

f0130886_23494373.jpg

色んな意味で最悪?の一日だった。

夜、連れ合いの代理でとある方のお通夜に参列することになった。
それも、新幹線に乗ってもおかしくない、ちょっと遠いところ。

午後の歌のレッスン終了後、すぐに出れば電車に間に合う・・・はずが。
先生が遅れていらした。
レッスンは途中で切り上げて駅までダッ~シュ。何とか間に合ってほっ。
ひとつめの災難。

お通夜へ。
某駅からさらにバスに揺られること10分。
かなり参列者が多かった。予想外の人数に、式場もバタバタしているようだ。
そのせいかどうか、開始から1時間経っても、お焼香が始まらない。
実は連れ合いでさえ全く知らない方のお通夜なので、当然知合いも居ない。
話す相手もなく、壁を見つめて、ひたすら待った(本読むわけにもいかないしね)。
通路に立ったまま待たされること、1時間15分。漸く列が動き出した。
お焼香を終えて、タクシーを呼んだ。
10分で来ると言ったが、10分待っても来ない。
ようやく来たタクシーに乗って足を伸ばしたら、本当にほっとした。
タクシー待ちを含めて1時間40分ほどの立ちっぱなし。
こんなお通夜、初めての経験だ。
これがふたつめの災難。

某駅から新幹線に乗った。
連れ合いとU町で待ち合わせておすし屋さんへ。
朝からバナナと牛乳くらいしか飲んでないはずなのに、全然食欲がわかない。
お寿司を3つつまんでご馳走様。
兎に角早く家に帰りたい。
で、乗ったタクシーのブレーキングが・・・下手っくそ!
止まるたびにがっくん、がっくん。
酔いそうになった。
今日の一日の〆がこれか~っ!・・・情けなくなったよ。
これがみっつめの災難。


そしてもうひとつ・・・これは私の災難ではないけれど・・・。
今日のお通夜は、まだ10代の男の子のものだった。
遺影の中の若々しい可愛い笑顔にいたたまれない気持ちになった。
遺族席から聞こえる途絶えることのないすすり泣き、嗚咽。
ご家族の心情は察するに余りある。

それに反し、待っている列の若者達。その母親達。
楽しそうに声をあげて、はしゃいでいる(ようにしか見えなかった)。
きっとクラス単位で連絡を受けた、昔の同級生とその親達だろう。
今日のこの日は、図らずも同窓会のようになってしまったのかもしれない。

亡くなった男の子との関係は、ほんの1、2年の付き合いなのだろうか。
付き合いの長さと深さは必ずしも比例するものではないが・・・。
長年の友人を失うほどの絶望的な悲しさはないのかな・・・。
[PR]
by mumbling-miau | 2008-05-22 23:18